リュウビンタイ(竜髭帯)は大型

⇒エコツアー 2013年04月27日 21:24

130411リュウビンタイ@エコカフェ奄美大島エコツアー_144_s.jpg奄美大島の金作原原生林は豊かな照葉樹林の森ですが、ヒカゲヘゴやヘゴの木生シダのほかに林縁や林内にはシシガシラ、コシダなど多様なシダ植物を観察することができます。ここではリュウビンタイを紹介します。[2013年4月12日撮影:奄美大島自然体験ツアー@阿部]

リュウビンタイ(竜髭帯、学名:Angiopteris lygodiifolia Ros.)はリュウビンタイ目リュウビンタイ科リュウビンタイ属の大型の常緑性シダ植物。分布は伊豆諸島、本州静岡県以南(伊豆半島、東海地方、紀伊半島南部)、四国南部、九州南部、南西諸島、台湾に及び、沿岸地の多湿の森林の林床などに自生。130411リュウビンタイ葉裏@エコカフェ奄美大島エコツアー_145_s.jpg130411若いリュウビンタイ@エコカフェ奄美大島エコツアー_153s.jpg草丈は最大3mほど、根茎は塊状で杔葉が重なり径約30pにもなります。葉は根茎から叢生し、葉柄は葉身と同じ長さ、葉身1mから2mほどの2回羽状複葉です。羽片は5対から10対ほどで長さ30pから70cm、幅10〜20cm、小羽片は15対から25対、長さ5pから13cmほどの披針形で片縁に浅鋸歯、葉先は尖り、葉脈は平行します。ソーラス(胞子嚢群)は片縁よりやや離れ1列に並びます。

リュウビンタイの仲間は塊状の根茎から羽状複葉を出すのが特徴で日本にはリュウビンタイ属とリュウビンタイモドキ属の2属5種が自生しているそうです。小笠原諸島父島、母島でも固有種を見ることができますよ。


関連記事(オガサワラリュウビンタイ(小笠原龍鱗))⇒     関連記事(リュウビンタイモドキ(龍鱗擬き))⇒

人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/65766928
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ