ショウベンノキ(小便の木)とは何とも不名誉な

⇒エコツアー 2013年04月25日 16:31

130411ショウベンノキ@奄美大島エコツアー_176_s.jpgここは奄美大島の「金作原原生林」の豊かな照葉樹林の森。ショウゲンノキとは誰が名付けたのかは知らないが何とも不名誉な名前ではないか。エコカフェ草花教室でも学んだが、春にこの木の枝を切ると臭い樹液が大量に滴るという。そのため付けられた名前というが。[2013年4月12日撮影:奄美大島自然体験ツアー@阿部]

ショウベンノキ(小便の木、学名:Turpinia ternata Nakai)はミツバウツギ科ツルピニア属の陰樹性の強い常緑亜高木。130411ショウベンノキ樹皮@奄美大島エコツアー_177_s.jpg分布は四国太平洋側、九州南部、南西諸島、台湾などに及び、低地から山地の林内や林縁などに自生。樹高は4、5mから15m、樹皮は黒褐色で白斑が目立ち、葉は濃緑色で光沢があります。葉は対生し3出複葉、小葉は有柄で葉身7cmから15cmほどの長楕円形でごく浅い鋸歯がつき葉先がやや尖ります。花期は5月から6月頃、枝式に円錐花序をだし黄白色の5弁の小花を咲かせます。果実は径約1pの球形の液果、秋に橙色に熟します。

葉は3出複葉でアカギの場合と似ているが、アカギの葉は互生でしたね。ショウベンノキやアカギの葉はトベラなどとともに、ヨナグニサン(与那国蚕)という八重山諸島にのみ生息する日本最大の蛾の幼虫が食べるそうです。


関連記事(マングローブのトンネル)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/65590679
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ