アカヤスデ(赤馬陸)はおはよう!

ビーグル号の航海日誌 2013年04月04日 23:13

130404アカヤスデ@エコカフェ.JPG早朝、建物の壁に蠢く物体。ムカデかと思いきや、ヤスデの仲間だ。調べるとすぐにアカヤスデと分かったが、国内に生息するアカヤスデにはタンバアカヤスデ、ヤマトアカヤスデなど4種が知られるが、一般にタンバアカヤスデ=アカヤスデとして紹介されることが多いようだ。普段は石や落ち葉の下、腐葉土中に生息しているが、大雨が降ると這い上がり姿を現すという。前に紹介したオオゲジサツマゴキブリなどと同様に不快害虫として嫌われているようです。[2013年4月4日撮影:渋谷区@山崎]

アカヤスデ(赤馬陸、学名:Nedyopus tambanus)は倍脚網オビヤスデ目ヤケヤスデ科の多足の節足動物。分布は近縁種も含め本州中部以西、四国、九州、朝鮮半島に及び、農村地の森林原野、近年では都市部の公園、民家庭先の落葉や石の下、腐食度中などに棲息。体長は2pから3pほど、黒褐色をし歩肢は黄色。頭と20個の胴節、歩肢は雄で30対、雌では31対あるという。食性は菌類や腐植質。産卵期は5月頃、孵化後7回脱皮し秋に生体となり、越冬して翌年4月頃に徘徊。特に、地面や土中に棲むため雨が降ると高い所に避難するため人の目の前に出現することになるのですね。

攻撃を受けると渦巻状になって身を守るほか、胴の側面または下面の臭腺から刺激臭のある体液を分泌します。体液にはヨード、キノンのほか青酸、ベンズアルデヒドも含まれており、皮膚に触れると炎症を起こしたりするそうです。なんども有毒害虫でもあるのです。


関連記事(突然に未知生物との遭遇)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


タグ:広域種
posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/64466387
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ