箱根駒ケ岳山頂にロープウェイで

⇒自然観察会 2013年03月25日 22:40

2013_03_23_ロープウェイ@エコカフェ第13回自然観察会in箱根_10_s.jpg東名高速道路が渋滞したため第15回自然観察会in箱根は芦ノ湖湖畔で昼食をとってからスタートした。所要7分、駒ケ岳ロープウェイで一気に箱根駒ケ岳(標高1356m)山頂に降り立ちました。ロープウェイ直下の山腹急斜面にはハコネダケが群生し、左右の山腹には植林された美しいヒノキ林、直下正面に芦ノ湖が広がっていました。湖面には海賊船が小さく見えました。[2013年3月23日撮影:第15回自然観察会@阿部]

2013_03_23_ロープウェイ@エコカフェ第13回自然観察会in箱根_11_s.jpg2013_03_23_ロープウェイ巨大車輪@エコカフェ第13回自然観察会in箱根_9_s.jpg足を使って植生観察しながら登ることが多いのですが、今回はリーダーの意向もあって文明の利器、駒ケ岳ロープウェイを使っての登頂であった。確かにロープウェイから眺望する景観は地を這って登る景観とは全く異なるものであった。最高地点で地表から75mの高さ、鳥になった気分とはこのことであろうか。山々など全体を鳥瞰するのも悪くはないのです。

何が何でも足で稼ぐということではなく、文明の利器である乗り物を駆使して視点を変えて観察するのもエコカフェらしいのだと思います。


関連記事(黒部の雪解けはこれから)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/64060132
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ