イオウゴケ(硫黄苔)は地衣類

⇒自然観察会 2013年03月24日 22:43

2013_03_23_コナアカミゴケ@エコカフェ第13回自然観察会in箱根_138s.jpg昨日は第15回自然観察会を箱根の中央火口丘を形成する箱根駒ケ岳、神山、冠ヶ岳や地獄谷の植生観察とトレッキングを行いました。地獄谷では名物の温泉卵もいただきました。冠ヶ岳から大涌谷に下る左右に噴気孔のある硫黄臭のする登山道脇の枯れた倒木や岩上には広範囲にわたってイオウゴケがたくさん自生していました。[2013年3月23日撮影:第15回自然観察会@阿部]

イオウゴケ(硫黄苔、学名:Cladonia vulcani Savicz.)はハナゴケ科ハナゴケ属の小型の樹状地衣。2013_03_23_コナアカミゴケ@エコカフェ第13回自然観察会in箱根_142s.jpg分布は北海道、本州、四国、九州に及び、高山地帯の硫黄臭のきつい温泉地や火山帯に自生。葉体は径約3o、子柄は樹状に立ち上がり、無盃で不規則に分枝し、皮層は顆粒状でまれに粉芽がつく。子柄の先端に赤色の子器(有性生殖器官)がつき、胞子が造られます。

イオウゴケに似ているものに、子柄が粉芽に覆われるコナアカミゴケ、子柄が分枝しないウロコアカミゴケや子柄の先端が漏斗状になり赤い子器がつくコアカミゴケがあるそうです。

関連記事(地衣類って何だ?)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


タグ:箱根 地衣類
posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/64027957
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ