ヒノキ(檜)は花粉と精油成分が

ビーグル号の航海日誌 2013年03月20日 23:22

130317ヒノキ@エコカフェ.JPG日本人が古来より森を敬い森を大切にしてきたことは歴史が証明しているところである。戦後の高度経済成長の時代を経て海外からの安価な輸入材に押され、日本の林業は壊滅的になり、高級材など一部のものが生業を維持しているに過ぎない。ここから何を学ぶべきだろうか。さて、現代病と言われる花粉症もスギ花粉からヒノキ花粉の季節に移行しつつあるようです。[2013年3月17日撮影:新宿御苑@阿部]

130317ヒノキ@エコカフェ.JPGヒノキ(檜、学名:Chamaecyparis obtusa Sieb. & Zucc.)はマツ目ヒノキ科ヒノキ属の針葉樹で常緑高木。日本固有種で準絶滅危惧(NT)。分布は本州福島県以南、四国、九州、屋久島に及び、山地の尾根や崖地などのやせ地に自生。樹高は20mから30mほど、樹皮は赤褐色で細縦裂、枝を水平に伸ばします。葉は互生し、鱗片状に密につき葉先は丸く、葉裏にY字形の白い気孔帯があります花期は4月頃、雌雄異花、枝先に雄花は2、3oの広楕円形で紫褐色、雌花は4o前後の球形、果実は1p前後の球果で秋に熟すと赤褐色になります。

ヒノキはスギと同じように植林の主要樹種であったため日本の多くの山林はスギ・ヒノキを中心とした二次林が広がっています。手入れに行き届かなくなったこれらの樹は、生育環境が劣悪になるに従って、必死に子孫を残そうと沢山の花を咲かせ、雄花から大量の花粉が供給されるんですね。精油(ヒノキオイル)には∂-カジネン、α-ピネン、T-ムロロール、カンフェン、リモネンなどの成分が含まれ、リラックス効果などがあります。しっかり管理してもっと活用したいものです。


関連記事(冬至と柚子湯と南瓜と)⇒人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


◎奥秩父山塊の東南の端に位置する棒ノ峰(標高969m)の帰路の尾根筋でみたヒノキの二次林[2013年7月20日撮影:棒ノ折山@山崎]
130720ヒノキ美林@エコカフェ.JPG130720ヒノキ根廻り@エコカフェ(棒ノ折山).JPG

 人が歩き表土が洗われ根がすっかり地面に現れてしまっていました。

 2013.8.4追記

◎「松戸市21世紀の森と広場」に広がる丘陵地の森で見た球果をつけるヒノキ[2011年11月13日撮影:第48回草花教室@阿部]111113ヒノキ球果蕾@エコカフェ.JPG

 2013.11.3追記





◎山梨大月の岩殿山(標高634m)から下山途中にみた球果をつけるヒノキ[2013年12月7日撮影:第18回自然観察会@阿部]131207ヒノキ葉@エコカフェ.JPG131207ヒノキ球果@エコカフェ.JPG

 2013.12.7追記





◎奥武蔵にある伊豆ヶ岳(標高851m)の尾根筋脇のヒノキ林と葉裏の特徴[2009年9月26日撮影:第5回自然観察会@阿部]
090926ヒノキ林@エコカフェ.JPG090926ヒノキ葉裏@エコカフェ.JPG
 2014.4.12追記
posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/63905252
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ