唐津旧七山村『薫や』親父さんのお話

ビーグル号の航海日誌 2013年03月10日 18:50

130302七山村名産@エコカフェ.jpg旧七山村は佐賀県唐津市の北西部に位置し、背振・天山山系の尾根に連なる山々に囲まれた風光明美なところであるという。平成の全国的な大合併の流れの中、村議会と村長が対立し、揉めに揉めた末、最後のやり直し選挙で合併推進派の村長が当選し、2006年(平成18年)1月1日に唐津市に編入した有名な村でもあり、記憶に新しいのではないでしょうか。

そもそも七山村は明治22年の周辺8村が合併して誕生。名前の由来は村の周囲を、玄界灘から内陸に時計回りで十坊山(標高535m)、浮岳(標高805m)、女岳(標高748m)、穀地蔵岳(標高893m)、笛岳(標高698m)、亀岳(標高740m)、椿山(標高760m)の七つの山に囲まれていることにあるという。『燻や』の親父さんのお話では兎に角、水が美味しい所だそうです。そんな場所で自然の恵みの中で育てた豚の肉を使って燻製をつくっているという。もちろん、海に近く、玄界灘でとれた魚も燻製にして販売しています。味は本場の燻製をしのぐほどに美味しく、脂身がしつこくなく素晴らしいといいます。

阿蘇外輪山の西側に位置し山々に囲まれているため水が豊かなのも素晴らしいのでしょう。林業が中心ですが稲作も頑張っているそうです。日本滝百選にも選ばれている観音の滝をはじめ渓流には多くの滝があり、樫原湿原などが広がり貴重なサギソウ、ユウスゲ、コバギボウシなど水生植物も観察できるそうです。ぜひとも訪ねてみたい場所のひとつです。


関連記事(葦毛湿原は東海のミニ尾瀬)⇒


posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/63553928
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ