新たな時代を拓くために

⇒シンポジウムetc 2013年03月01日 20:00

SN3M0007_0001.jpg130228SATREPS_APLシンポジウム集合写真.jpg昨日は海洋開発研究機構が主催する『APL-SATREPSシンポジウム「変化する惑星に生きる」』に参加してきました。山形俊男先生がこのところずーっと力を入れてきた南アフリカにおける研究プロジェクトの最新の成果も踏まえたプレゼンがありました。宮崎先生たちにもお会いできました。

シンポジウムの前半では 熱帯起源による気候変動だけでなく亜熱帯に起源をおく気候変動予測についての科学技術振興機構と国際協力機構による共同実施の「地球規模課題対応国際科学技術協力プロジェクト」で得られた最新の成果とアフリカ南部地域への展開について紹介がありました。気候予測は世界中で起こっている感染症への対策や食糧不足への対応としての農業計画などの幅広い応用分野に利活用され、もはや持続可能な未来社会のデザインには不可欠な要素と結論付けています。シンポジウムの後半では、シミュレーションが切り拓く「未来の地球」について紹介がありました。示唆に富んだ報告内容でありました。

最後の白山先生による閉会の挨拶のなかでも、私たちの未来のためには気候変動をはじめとした多くの地球規模の問題に自然科学と人文社会科学の両面からの研究のアプローチの必要性が紹介されていました。まさに自然科学と人文社会科学の統合した管理手法の研究が進展し、その成果が政治・行政分野でも積極的に活用されたいものです。エコカフェの活動もそんな裾野の片隅に位置したいものです。


関連記事(人は成長するんです)⇒
posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/63515675
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ