奥鬼怒で見たコウヤノマンネングサ(高野の万年草)

ビーグル号の航海日誌 2013年03月04日 22:34

120708コウヤノマンネングサ@エコカフェ.JPG奥鬼怒温泉郷日光沢温泉から丸沼までの登山道は広葉樹林と針葉樹林の混合林から針葉樹林へと森が変化する様子を楽しむことができます。もちろん、湿気が多いようで林下などは蘚苔類の協奏曲が広がっています。コウヤノマンネングサを紹介します。[2012年7月8日撮影:奥鬼怒@山崎]

コウヤノマンネングサ(高野の万年草、学名:Climacium japonicum Lindb.)はコイヤノマンネングサ科コウヤノマンネングサ属の大型の蘚類。120708コウヤノマンネングサ群生@エコカフェ.JPG分布は北海道、四国、九州、国外では朝鮮半島、中国、シベリアなどに広く、温帯上部から亜高山帯の林下の半日陰の朽ちた樹や腐食土上に自生。草丈は5pから10pほど、地下茎は地中を這って仮根を生じ、地上茎を地上に直立。地上茎(二次茎とも)は長さ5pから6cmで先端に羽状の枝伸びる。直立茎につく葉はウロコ状、枝の葉は長さ2.5mほどの広被針形で鋸歯がつき先が尖ります。凾つけることはめったなく、地下茎で増えて群落を形成するようです。

名前の由来は「高野山」に生え地下茎から次から次へと万年ほどに芽をだすことあるようです。高野山では昔から乾燥させ色づけしたものをお守りとしているそうです。へえですね。


関連記事(下田代で見たフロウソウ(不老草))⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/63327563
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ