タチシノブ(立忍)の北限は

ビーグル号の航海日誌 2013年03月03日 21:28

120504タチシノブとササグモ@エコカフェ.JPG国立科学博物館・筑波実験植物園で展示植栽されているシダ植物のコレクションのほかにも園内に自生しているシダ植物があります。タチシノブはそのひとつです。別名にカンシノブ(寒忍)ともいいます。タチシノブは北限が茨城県ではなく数か所の自生地があることから福島県いわき市周辺らしいです。一緒に写っている蜘蛛はササグモといいます。[2011年5月11日撮影:第46回草花教室@山崎]

タチシノブ(立忍、学名:Onychium japonicum (Thunb.) Kunze)はホウライシダ科ホウライシダ属の暖地性の常緑性シダ植物。120504タチシノブ@エコカフェ.JPG分布は本州福島県南部以南、四国、九州、南西諸島、小笠原諸島、国外では朝鮮半島南部、中国、マレー半島、インドなどに広く、低山の林内や林縁、民家近くの日当たりのよい場所に自生。草丈は30pから70pほど、根茎は匍匐し茶褐色の鱗片がつく。葉は栄養とやや長い胞子葉の二形だが、シシガシラヤマソテツのように外形的に明確な違いが認められるわけではない。葉身は3、4回羽状複葉で卵状披針形、細かく裂けた裂片は先が尖ります。胞子嚢群(ソーラス)は細長く裂片の中央部に位置し、葉の縁が膜状になった偽苞膜を伴います。

日本にはこの仲間は1種のみ、世界では10数種。名前の由来はシノブ科シノブ属のシノブに似ていて地上から葉を立てることによるそうです。葉が似ているシノブは夏緑性で裂片の先は鈍頭であるため区別は難しくないようです。最も冬期に見たらタチシノブということになります。


関連記事(オリヅルシダ(折鶴羊歯)の北限は)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


◎真鶴半島の先端部に位置する魚付保安林の林内遊歩道脇で見かけたタチシノブ[2014年5月31日撮影:第20回自然観察会@山崎]
140531タチシノブ@エコカフェ.JPG140531タチシノブ葉裏ソーラス@エコカフェ.JPG 
 葉裏に胞子嚢群(ソーラス)をつけています。

 2014.9.5追記
posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/63287830
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ