温故知新、明治時代の郵便差出箱

ビーグル号の航海日誌 2013年02月24日 13:58

121117明治時代の郵便差出箱@エコカフェ(江ノ島).JPG121117江ノ島郵便局@エコカフェ.JPG日差しは暖かいのですが。江ノ島郵便局前に明治時代の郵便差出箱を復元したポストが置かれています。訪ねた折には記念スタンプを押してもらいお手紙を投函してみたいものですね。昨年秋に自然観察会で江ノ島の海岸植生を観察に行った時に写したものです。シーズンにもなると参道の観光客でごった返すそうです。[2012年11月17日撮影:第14回自然観察会@阿部]

121117参道仲店@エコカフェ(江ノ島).JPG案内板には「明治4年3月に郵便事業が創業し、明治5年、東京府下に郵便取扱所を開設するにあたり書状箱を設置したのが始まりです。この郵便差出箱は明治20年頃に使用していたものを復元したものです。皆さまから愛され、利用していただくことにより『あなたの街の郵便局』のポストとして江ノ島のふるさとづくりに役立ちたいと思います」とあります。控えめな文章で紹介されているが、民営化したのだからもう少し積極的な訴える取り組みを期待したいと思う。

暖かくなったら番外編、事務局研修で訪れてみたいと思う。「温故知新」の気持ちを大切にして多様性を組み合わせることで新しい価値創造にチャレンジしていきたいです。


関連記事(江島神社奥津宮の八方睨みの亀と亀石)⇒人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ




posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/62855818
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ