サン・ピエトロ大聖堂とサン・ピエトロ広場のオベリスク

ビーグル号の航海日誌 2013年02月23日 08:38

120822サン・ピエトロ大聖堂@エコカフェ.JPG120822サン・ヒエトロ大聖堂2@エコカフェ.JPGテレビ番組でイタリアを紹介していた。バチカン市国の南東端に位置するカトリック教会総本山、創建4世紀と伝えられるサン・ピエトロ大聖堂があります。現在のものは1626年竣工。もちろん世界文化遺産に登録され、いつも世界各地から訪れる観光客で賑わっています。[2012年8月22日撮影:バチカン市国@山崎]

120822サン・ヒエトロ広場@エコカフェ.JPG0386_サンピエトロ広場@エコカフェ.JPG120822ドーリス式円柱@エコカフェ(サン・ピエトロ広場).JPG教会堂の前には列柱広場として知られるサン・ピエトロ広場があり、中央に高さ25.37mのオベリスクが直立しています。このオベリスクは古代エジプト第12王朝の頃(紀元前20世)にヘリオポリスの太陽神殿に建てられていた2本のうちのひとつと伝えられ、太陽神ラーと王の権威を象徴しているのです。

古代エジプトのオベリスクの多くは少なからず戦利品として略奪にあった結果が現在に至っていることを忘れてはならないのではないでしょうか。 本家エジプトではわずかに見られるに過ぎません。年月という壁が何世代にもわたる人の交替の中で過去を清算してしまっているかのようです。


関連記事(山を為ること九仞、功を一簣に虧く)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ




posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(1) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コンクラーベで賑わっているみたいですね。
Posted by 旅人 at 2013年03月13日 07:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/62815862
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ