少しずつ春はやって来ている!

ビーグル号の航海日誌 2013年02月22日 07:29

130221ヂンチョウゲ蕾@エコカフェ.JPG130221ヂンチョウゲ@エコカフェ.JPG立春も過ぎて三寒四温、少しずつではありますが春の気配が広がっています。
心なしか陽の光も強くなって明るさを増しているように思えます。
公園や民家の植え込みなどに植栽された沈丁花(ヂンチョウゲ)も蕾をつけています。
この花は甘く爽やかな独特の香りが強くします。
しばらく蕾がつづきますが少しずつ大きくなります。
やがて花が開くと虫たちが蜜を求めてやってきます。
蟻や蜂やアブの仲間です。
その頃は暖かな日差しの下、鼻の周りは少しだけ賑やかになるんです。


関連記事(春眠暁を覚えず 転ばぬ先の杖)⇒人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ




posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/62778953
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ