ハザクラキブシ(葉桜木五倍子)も本土系

ビーグル号の航海日誌 2013年02月17日 20:30

ハザクラキブシ@エコカフェ.JPGハザクラキブシ葉@エコカフェ.JPG小石川植物園に保存展示されているハザクラキブシはナガバキブシの変種。母島乳房山付近の個体から挿し木したものだそうです。両者は隣り合わせの鉢にそれぞれ植えられているのだが、外形的にどう見ても違いは分かりません。葉の厚さ、花期、花序の長さ、果実の大きさなどに違いがあるようですが。[2013年1月27日撮影:小石川植物園@山崎]

ハザクラキブシ(学名:Stachyurus macrocarpus Koidz. var. prunifolius Tuyama)はキブシ科キブシ属の常緑低木。小笠原固有変種で絶滅危惧TA類(CR)。分布は母島に限り、乳房山周辺の沢沿いの斜面地などに極わずかに自生。樹高は2、3mほど、葉は互生し薄質、葉身10cmから15cmほどの長楕円形で葉縁に鋸歯、葉先は尖ります。花期は晩秋から翌春、雌性両全異株、葉腋から10cmから14cmほどの穂状花序を下垂、たくさんの小花を咲かせます。果実は長径約12mmの卵球形だそうです。

ナガバキブシもハザクラキブシも本土に自生する落葉性キブシと近縁の関係にあると考えられています。特に、日当たりのよい場所に自生するナガバキブシは葉が円く厚みがあるためハチジョウキブシに似ているそうです。


関連記事(満開のハチジョウキブシ)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ




posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/62556601
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ