第8回シンポジウム速報(第T部)

⇒シンポジウムetc 2013年02月09日 22:38

130209第8回シンポジウム@エコカフェ.jpg昨年度は3.11東日本大震災もありシンポジウムは中止としました。今年度は第8回ということで当初の予定プレゼン内容を追加変更しての開催となりました。事前準備、当日のサポート、演者の皆さまには深く感謝を申し上げたいと思います。
第T部では、環境省自然環境局ふれあい推進室の澤野崇さんのフィールド経験をされた貴重なプレゼンがありました。
沖縄本島やんばるの森でのレンジャーとしての体験。「種の保存法」では絶滅危惧T類とU類のなかから希少種を指定し、保護増殖事業に取り組んでいるとのお話がありました。沖縄ではハブ退治に良かれとと思って100年前に移入したマングースがハブではなく固有野生生物の脅威となってしまったとのことです。現在、ヤンバルテナガコガネ、ヤンバルクイナ、ノグチゲラの3種が希少種に指定されてるそうです。
130209第8回シンポ第T部@エコカフェ.jpgレンジャー2度目。釧路湿原がフィールド。希少種はエトピリカ、タンチョウ、オジロワシ、オオワシ、シマフクロウの5種が指定されているそうです。シマフクロウの保護増殖事業の具体的な取り組みのお話は大変興味深く聞くことができました。

とりあえず、T部の澤野さんのプレゼンの報告でした。皆さんも国立公園内にあるビジターセンターなどしっかり訪ねてみるとその地域の自然についていろいろと学ぶことができるそうです。ぜひぜひ。


関連記事(第8回エコカフェシンポジウムご案内)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ



posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/62245050
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ