春を告げる花は

ビーグル号の航海日誌 2013年02月01日 08:55

ロウバイ@エコカフェ.JPGカンコウバイ@エコカフェ.JPG二月は水仙月とも。天気予報では今日は小春日和になりそうです。
これから林内や林床では早春を告げる花(スプリング・エフェメラル)が楽しめるようになります。
小石川植物園ではロウバイ、マンサク、カンコウバイが見ごろのようです。
マンサク@エコカフェ.JPGロウバイ(蝋梅)は「唐梅」ともいい、中国唐からの移入種、カンコウバイ(寒紅梅)はウメの一変種、マンサク(万作)は「まんず咲く」の転訛したもので東北地方でよく見られます。

五感でしっかり春の移ろいを感じたいですね。

少しずつですが森には明るさが戻ってくるのです。



人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ



posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(1) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
もっと自然体で受け入れればよいのではないですか。
Posted by アオガエル at 2013年02月02日 00:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61919509
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ