シマカコソウ(島夏枯草)は東南アジア系

ビーグル号の航海日誌 2013年01月14日 22:17

120504シマカコソウ花2@エコカフェ.JPGまたしても小石川植物園登場です。同園温室にはウチダシクロキコヘラナレンなどとともに国内希少動植物種に指定、保護増殖事業が実施されているシマカコソウを保護展示しています。また、シソ科で小笠原固有種である本種のほかにはムニンタツナミソウのみですよ。[2012年5月4日:小石川植物園@山崎]

シマカコソウ(島夏枯草、学名:Ajuga boninsimae Maxim)はシソ科キランソウ属の多年草。120504シマカコソウ@エコカフェ.JPG小笠原固有種で絶滅危惧TA類(CR)。分布は父島、母島、妹島に限り、山地の乾燥した岩場にわずかに自生。草丈は10cmから20cmほど、全株に短毛が密生、茎や花序などにはやや長い毛が生え、走出枝を横に這わせ増殖します。葉は対生し、楕円形で葉縁は波状の鋸歯、葉先は鈍頭です。花期は12月から1月頃、茎先に穂状花序をだし花柄のない白色の小花を均等に幾つも咲かせます。小花は白色の唇弁花で花筒が長いのが特徴です。果実は分果、翌年3月頃に熟すようです。

名前の由来は花穂がウツボグサの花穂に似ていること、ウツボグサの花穂のことを生薬「夏枯草(カゴソウ)」と呼ぶこと、小笠原という島に自生していること、にあるのでしょう。シマカコソウの起源は、琉球諸島や台湾、中国に自生するヒメキランソウにあるようです。


関連記事(ヘラナレンも木本化)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


◎小石川植物園の温室で保護展示されているシマカコソウ[2007年6月13日撮影:小石川植物園視察@山崎]070613シマカコソウ@エコカフェ小石川植物園(小笠原植物) 025.jpg

 2013.5.26追記
posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61461303
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ