シロテツ(白鉄)はポリネシア系

ビーグル号の航海日誌 2013年01月09日 23:13

120101シロテツ@エコカフェ.JPG小笠原父島の初寝遊歩道を散策している乾性低木林を構成する多様な小笠原に固有な植物、つまり小笠原でで独自に分化、進化した植物たちを観察することができます。シロテツもそんな植物のひとつで、属レベルで固有、つまり祖先種1つから適応放散し、1属3種(シロテツ、オオバシロテツ、アツバシロテツ)の全てが小笠原固有になります。島ではシマコクサギとかホワイトアイロンウッドと呼ばれています。[12年1月1日撮影:お正月の旅 小笠原2011年度@山崎]

シロテツ(白鉄、学名:Boninia glabra Planchon)はミカン科シロテツ属の常緑小高木。父島固有種。分布は父島に限り、夜明け山から中央山、ツツジ山にかけての山地林内、特にシマイスノキ−コバノアカテツ群集内などに自生。樹高は3mから4m(時に7m)ほど、全株無毛、葉は対生し革質で光沢があり、葉身2.5pから10pほどの楕円形、全縁で葉先は円形かハート形になります。花期は4月頃、雌雄異株、枝先の葉腋から円錐花序をだし、白色の小花をたくさん咲かせます。小花は径約5o、花弁、萼片とも4弁、雄花の雌蕊の機能を失い、雌花は雄蕊の機能を失っています。果実は径6mm超の扁平球形の分果で、秋に熟すと4裂し中から黒色の種子が飛ばされます。

シロテツ属は、父島の乾性低木林内に自生するシロテツ、父島や母島の海岸から中央部の山地の日当たりのよい林縁に自生するオオバシロテツ、オオバシロテツの変種で乾性矮低木林内に自生するアツバシロテツが住み分けをしています。また、小笠原固有種のミカン科には、シロテツ属三兄弟のほかにアコウザンショウやムニンゴシュユが知られています。


関連記事(シマムラサキ(島紫)は固有種三兄弟)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ



posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61343567
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ