オオトキワイヌビワ(大常葉犬枇杷)は本土系

ビーグル号の航海日誌 2012年12月29日 23:54

120624オオトキワイヌビワ@エコカフェ.JPG小石川植物園の温室に保存展示している小笠原固有種のひとつにオオトキワイヌビワがあります。先に紹介したトキワイヌビワよりも葉が大きいことが名前の由来です。この仲間は近縁種のイヌビワが起源で小笠原諸島で適応放散し、母島の湿性高木林内のみに自生するオオヤマイチジク、日当たりのよい林縁などに自生するトキワイヌビワ、さらにオオトキワイヌビワの3種に種分化したと考えられています。[2012年6月24日撮影:小石川植物園@山崎]

オオトキワイヌビワ(大大常葉犬枇杷、学名:Ficus nishimurae Koidz.)はクワ科イチジク属の常緑低木。小笠原固有種で絶滅危惧TB類(EN)。分布は父島列島、母島列島、聟島、北硫黄島に及び、島の中央部の山地林内のやや薄暗い林下に自生。樹高は1mから2mほど、あまり分枝せずに枝が伸び、葉は枝先近くに互生し、厚く大きく、葉脈が太く葉裏に突出します。花期は6月頃、葉腋に花嚢ができ、多肉のつぼ状花軸の内面に多数の花を咲かせます。果実はイチジク状果で9月頃に紫褐色に熟します。

イチジク属の植物はガジュマルがガジュマルコバチのみが送粉を担うように特定のイチジクコバチ類と1対1の共進化の関係にあります。オオトキワイヌビワは野生化で結実数が少ないことが知られています。パートナーのイチジクコバチ類が激減してしまったことが直接の原因と考えられます。ここにもグリーンアノールの食圧が関係しているのでしょうか。


関連記事(ウラジロコムラサキ(裏白小紫)は独自進化)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


◎父島中央山への登山道脇の林下で見たオオトキワイヌビワ[2008年6月23日撮影:地球温暖化最前線!小笠原エコツアー@阿部]080623オオトキワイヌビワ@エコカフェ.jpg

 2013.1.1追記
posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61119806
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ