オガサワラグワ(小笠原桑)は超レアモノ

ビーグル号の航海日誌 2012年12月23日 17:48

050430オガサワラグワ老木@エコカフェ.JPG小笠原の父島や母島の森の深い所を歩いているとオガサワラグワの黒色化した大きな切り株に出逢うことがあえう。かつて小笠原の森にはオガサワラグワの大木があった証となっているのです。明治時代以降、材質が緻密で堅く高級材として高値がついたことから、大木はことごとく乱伐されるとともに、伊豆諸島から移入したシマグワとの交雑が進み純粋な種は、崖地などに老木をはじめごくわずかに過ぎません。[2005年4月30日撮影:母島某所@山崎]

オガサワラグワ(小笠原桑、学名:Morus boninensis Koidz.)はクワ科クワ属の落葉高木。小笠原固有種、絶滅危惧TA類(CR)。分布は現在では母島、父島、兄島、弟島の一部に限り、急峻な沢筋や崖地などの林内にごくわずかに自生。直径1m前後のものは数本しか確認されておらず、しかも老木のため上部が枯損しているようです。樹高は10mから20mほど、樹皮は老木では茶褐色で鱗片状、屋久杉と並び賞されるほどの寿命があります。若枝には短毛が生え白っぽく見えるという。葉は互生し、葉身は広卵形で葉縁に円鋸歯、葉先が尖ります。葉表はざらつき、葉裏に葉脈が突出します。花期は落葉後の10月頃、雌雄異株、芽吹きとともに葉腋にそれぞれ雄花序、雌花序をだし、淡黄色の小さな花をたくさん咲かせます。果実は集合果、12月から翌1月頃に黒紫色に熟します。果実の残存花柱がないのが特徴といいます。

母島「桑の木山」は名前のとおりかつてはオガサワラグワが多く見られたのだろう。今でも比較的大きなものが見られます。また、弟島にはシマグワの移入事実はないことからオガサワラグワのみが自生していると考えられています。しかし、父島のものは交雑種がほとんどのようです。


関連記事(屋久杉の巨木化の謎に)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ



◎小笠原父島にある小笠原亜熱帯農業センターで保護栽培されているオガサワラグワの葉[2012年1月2日撮影:お正月の旅 小笠原2011年度@山崎]オガサワラグワ@エコカフェ.JPG

 ひょろりとした木が1本だけ植えられています。

 2012.12.23追記




◎小笠原父島初寝山の森で見たオガサワラグワの大木の切株[2006年7月22日撮影:小笠原エコツーリズム実態調査@阿部]オガサワラグワ切り株@エコカフェ.jpg060722オガサワラグワ切株@エコカフェ.jpg

 2013.1.3追記






◎夢の島熱帯植物館で保護展示しているオガサワラグワ[2012年2月11日撮影:第49回草花教室@阿部]120211オガサワラグワ樹肌@エコカフェ.JPG120211オガサワラグワ葉@エコカフェ.JPG

 2013.3.8追記
posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/60978509
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ