ウチダシクロキ(打出黒木)は摩訶不思議

ビーグル号の航海日誌 2012年12月20日 22:01

120504ウチダシクロキ2@エコカフェ.JPG石川植物園温室では小笠原の貴重な固有植物が保護展示されています。その中でもとりわけ珍しいもののひとつにウチダシクロキがあります。何ともからからに干からびた感じが造花のようです。[2012年5月4日撮影:小石川植物園@山崎]

ウチダシクロキ(打出黒木、学名:Symplocos kawakamii.)はハイノキ科ハイノキ属の常緑低木。小笠原固有種で絶滅危惧TA類(CR)。分布は父島に限り、風衝帯の岩石地の乾燥した斜面の乾性矮低木林内にわずかに自生。樹高は0.5mから1.5mほど、若枝は稜があり黄色を帯び、葉は厚く皮質で葉柄が平たく、葉縁が裏側に巻き込み、葉脈はくぼみます。葉からの水分蒸散を極力抑えようとしているようです。花期は11月頃、径7mm前後の白色の5弁花、雄蕊は長くたくさんつきます。果実は翌年秋に熟すとしわしわで黒色になります。

ウチダシクロキの仲間は小笠原で一つの種から適応放散により種分化し、父島と兄島に自生するチチジマクロキ、母島列島向島のみに自生するムニンクロキがさらにすみ分けをしています。


関連記事(新たな保護増殖計画に期待!?)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


◎小石川植物園の温室で保護展示されているウチダシクロキの花[2013年1月27日撮影:小石川植物園@山崎]130127@ウチダシクロキ花@エコカフェ.JPG130127ウチダシクロキ花2@エコカフェ.JPG

 花期も終わりです。

 2013.2.16追記
posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/60915122
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ