高山植物の魅力(80)、ミヤマゼンコ(深山前胡)

ビーグル号の航海日誌 2012年12月15日 19:45

090922ミヤマゼンコ@エコカフェ.JPG北アルプス涸沢ヒュッテ(標高2309m)はすでに深い雪に埋もれているでしょう。穂高連峰から下る大きくえぐれた氷河期に発達したカールがあります。カールの下部は、夏場、多くの登山者たちがついの宿とするカラフルなのテントで賑わっています。テント葉の近くにはいろんな高山植物が観察できます。セリ科大型の植物、ミヤマゼンコもそのひとつです。[2009年9月22日撮影:涸沢ヒュッテ@山崎]

ミヤマゼンコ(深山前胡、学名:Coelopleurum multisectum (Maxim.) Kitag.)はセリ科エゾノシシウド属の多年草。090922涸沢ヒュッテ@エコカフェ.JPG日本固有種。分布は本州中部地方に限り、亜高山帯から高山帯の雪田周辺の砂礫地や草地に自生。草丈は15pから60cmほど、茎は中空で太く赤味を帯びることもあり、葉は3、4回3出羽状複葉、小葉の葉身は1pから3pほどの卵形から長卵形で葉縁に鋭鋸歯、葉先は尖ります。葉の基部は袋状鞘があります。花期は7月から8月頃、茎先や茎上部の葉腋から複集散花序をだし、たくさんの白色の小花を咲かせます。花序の径は20pにもなり、小総苞片は線形から披針状長楕円形です。果実は分果で長径5o前後の楕円形です。 

セリ科大型の植物には似たものが多く、ミヤマセンキュウ、タカネイブキボウフウ、ミヤマトウキ、ミヤマシシウドオオハナウドなどが知られています。見分けるのはとても難しいです。


関連記事(高山植物の魅力(79)、オンタデ(御蓼))⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ



posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/60792360
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ