佐渡島、灯台のある風景

ビーグル号の航海日誌 2012年12月08日 20:00

120804尖閣湾の灯台@エコカフェ.JPG夢、猛烈な季節風に荒れ狂う日本海のどんよりした深い海。
安定した大地に仁王立ち、遠く日本海の遥か西方を眺望し、この土地の平和を願う。
ただただ、航海の安全と人びとの安寧を願う。

そこは昭和レトロな雰囲気が漂う不思議なところ。
風光明美な尖閣湾は時間がとまっているような錯覚を覚える。
断崖に海の安全を守る大崎灯台が立っている。
120804尖閣湾@エコカフェ.JPG夏の間の静けさとは真逆の吹きすさぶ風と荒れ狂う波の高く低く叫ぶ轟音の旋律。濃いブルーから光を失った暗黒のブルーに。
海の安全は待ったなしである。

この夏お世話になった伊藤屋の若旦那の言葉「佐渡には、異なる季節にまたぜひおいで下さい。ご案内します。」を思い出す。
真心のこもったおもてなしのありがたい言葉ではないか。


関連記事(宮古島、灯台のある風景)⇒
関連記事(外海府海岸の尖閣湾の景勝を)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/60633334
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ