久米島、ミーフガーと地質史

ビーグル号の航海日誌 2012年12月01日 23:40

121030ミーフガー@エコカフェ(久米島).JPG久米島は古来「球美島(くみじま)」と呼ばれた。琉球で一番美しいという意味だそうです。島北西部の大和泊岸に高さ20m超の大きな奇岩があります。これがミーフガー(女岩とも)という拝所で龍宮神の中心、本来は感謝と祈りの場、女性が拝むと子宝に恵まれる御利益があると伝えられています。一方、兼城港にごく近い沖合にある小島にある岩柱をガラサーヤマ(男岩とも)と呼んでいます。[2012年10月31日撮影:久米島@阿部]

ミーフガーは一枚岩に穴が開いたものではなく、左側に琉球石灰岩、右側に凝灰角礫岩と異なる地質が寄添っているのだそうです。121030イリビシ石灰岩@エコカフェ.JPG凝灰角礫岩は径32mm以上の火山岩片と大量の火山灰が海底で堆積してできた岩石。新第三紀中新世中後期(約1000万年前から約600万年前頃)に、沖縄トラフが拡張しはじめたことでフィリピン海プレートの沈み込み帯で海底火山活動が起こったことによるものと考えられます。一方、琉球石灰岩は南西諸島中部(宝島を北限)から台湾までに及ぶが、第四紀更新世(250万年前から1.2万年前)で隆起と沈降を繰り返しながら形成されています。厚さは最大約150mにも及ぶが、古い時代のものは地殻変動の影響を大きく受けていると考えられます。ここも典型的な海食崖、海食棚などが見られます。

ミーフガーのある基盤部も凝灰角礫岩と考えられますが、海岸に近い場所では上部にイリビシ石灰岩といっって最終氷期(ヤンガードリヤス氷期)が終了し、完新世の気候最温暖期(約7000年前から約5000年前頃、縄文海進とも)に形成された珊瑚礁が隆起し岩石化したもののようです。


関連記事(パワースポット、斎場御嶽)⇒      関連記事(江ノ島の形成史)⇒

人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/60449323
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ