伊勢神宮外宮はひっそり

ビーグル号の航海日誌 2012年11月28日 10:51

121028伊勢神宮外宮正宮@エコカフェ.JPG伊勢神宮外宮の創建は雄略天皇26年(478年)、御祭神は豊受大御神です。食物・穀物を司る神、今日では衣食住、産業の守護神として信仰されています。内宮の御祭神は太陽を神格化した女神である天照大御神、皇室の祖神であらせられます。ちなみに素戔嗚尊は天照大御神の弟にあたります。参拝の順序は外宮が先だそうです。参拝した時は雨が降っていた性もあるのでしょうか、内宮に比べて人が少なくひっそりしていました。霊験あらたかな気持ちになりました。[2012年10月28日撮影:伊勢視察@山崎]

121028土宮@エコカフェ.JPG121028多賀宮@エコカフェ.JPG外宮正宮には4つの別宮があります。多賀宮、土宮、月夜宮、風宮です。月夜宮は境外別宮、ほかは境内別宮だそうです。多賀宮の祭神は豊受大御神荒魂です。荒魂とは豊受大御神の荒ぶる魂を神格化しています。土宮の祭神は大土乃御祖神で外宮所在地の土地神です。
121028風宮@エコカフェ.JPG月夜宮は外宮境内外にあって、祭神は月夜見尊・月夜見尊荒魂です。天照御大神の弟で開拓の守護神だそうです。風宮の祭神はじ級長津彦命・級長戸辺命で風雨を司る神です。古くは末社扱いで風神社であったものが、1281年の元寇以降、国を救う祈願の対象として別宮に格上げされたそうです。

伊勢神宮は式内社で内宮と外宮の2つの正宮があって、別宮14社、摂社43社、末社24社、所管社42社、計125社を管理しているとそうです。全部廻るだけでも大変な上、参拝となると大変な日数がかかりますよ。お伊勢さんとは大変ありがたい場所なんですね。


関連記事(伊勢神宮内宮へお参りを)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/60363485
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ