久高島、オキナワマツムシ(沖縄松虫)

ビーグル号の航海日誌 2012年11月24日 19:51

120722オキナワマツムシ幼齢@エコカフェ.JPG17時59分、東京23区、神奈川東区で震度4の地震が発生。ごつんときました。さて、沖縄本島の東方海上に位置する隆起サンゴ礁の細長い久高島の自然について取り上げてきました。ここではヤグルガーのある崖地に自生するリュウキュウツワブキの葉の上で見かけたオキナワマツムシを紹介します。写真は幼齢のため無翅なのでしょう。[2012年7月22日撮影:沖縄視察@阿部]

オキナワマツムシ(沖縄松虫:Xenogryllus marmoratus unipartitus)はバッタ目コオロギ科の昆虫。基亜種マツムシの南西諸島産亜種。分布は南西諸島で、ススキなどの自生する日当たりのよい海岸線の草地などに生息。体長は20oから22oほど、体色は淡褐色、触角が長く、脚付節に吸盤があってクチクラ層の発達した無毛の葉などにも安定してよじ登ることができます。本州産マツムシに比べ体がやや大きく鳴声が長いようですが、果たして。食性は雑食性で草の葉や昆虫の死骸です。オキナワマツムシは他のバッタ目と同じように不完全変態、卵が孵ると幼虫、蛹(さなぎ)を経ずに成虫になります。メスは錐状の長い産卵管をもち、ススキなどのイネ科植物に卵を産みつけます。

琉球弧と呼ばれる南西諸島の島々は太平洋側に隆起島嶼群が、久高島はその典型ですね。隆起島嶼群の後背東シナ海側に琉球火山帯が弧を成しています。詳しくは別の機会で触れることにします。


関連記事(朽木の住人、クチキコオロギ)⇒
関連記事(ショウリョウバッタ(精霊飛蝗)は奇怪)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ



posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/60270781
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ