尾瀬に草紅葉を求めて

ビーグル号の航海日誌 2012年11月13日 07:40

061001草紅葉@エコカフェ(至仏山) 023.jpg週末になると高速道路は大混雑。どうやら紅葉狩りにハイカーが殺到しているらしい。紅葉狩りも喧騒から隔絶し静かに眺めたいものである。さて、草紅葉なるものを紹介しよう。[2006年10月1日撮影:至仏山中腹、至仏山から見た尾瀬ヶ原@阿部]
なんてことはない低木や草など背の低い植物が「紅葉」することを総称する言葉である。低木なら分かるが草なるものは紅葉などするのだろうか。
俗にいう紅葉には「紅葉」、「黄葉」、「褐葉」に分けられるという。どうも草紅葉の多くは枯れ草が陽光、特に夕陽に映え、黄金色に輝く様をさすと理解するのがよい。061001尾瀬ヶ原@エコカフェ(至仏山) .jpgもっとも湿生植物の中には紅葉する者もあるという。
草紅葉と言えば「尾瀬ヶ原」が有名である。尾瀬ヶ原の西側に位置する至仏山(標高:2228m)の山腹も草紅葉に染まり美しいという。


関連記事(階調)⇒
関連記事(絨毯)⇒
関連記事(天窓)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ



posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/60010346
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ