ニホンカナヘビ(日本金蛇)の日向ぼっこ

ビーグル号の航海日誌 2012年11月10日 20:25

121027ニホンカナヘビ@エコカフェ.JPG豊橋の葦毛湿原の面積約3.2haは湧水湿原の規模としては日本最大級。湿地の草原の秋は枯草が夕日を浴びてきっと黄金色に輝き美しいことだろう。先月末に訪問した時はまだわずかに小さな花が私たちの目を楽しませてくれた。木道脇の草むらでオオカマキリが狩りをしていたり、木道上の日溜りではニホンカナヘビが日向ぼっこをしていました。この季節、湿原は静止して様な長閑な時が流れます。[2012年10月27日撮影:葦毛湿原@阿部]

121027木道@エコカフェ.JPGニホンカナヘビ(日本金蛇、日本蛇舅母、学名:Takydromus tachydromoides (Schlegel))は有鱗目カナヘビ科カナヘビ属のトカゲ。日本固有種。分布は北海道、本州、四国、九州、屋久島、種子島、トカラ列島の中之島、諏訪之瀬島に及び、海岸近くから山地までの草地や林縁、石垣などの明るい場所に生息。体長は16cmから25pほど、尾が全長の2/3ほどもあり、体表面の鱗に光沢がないため乾いたザラザラした感じがするのが特徴です。危険に遭遇すると尾を自切して逃げます。尾は後に再生します。産卵期は3月から8月頃、数回に渡り1回に2個から6個ほど産卵し、卵は25日から50日ほどで孵化するそうです。食性は肉食性で昆虫やクモ、ミミズなどを食します。冬眠して冬を越します。

ニホンカナヘビは生物地理学上の分布界線のひとつである「渡瀬線」の北側にのみ生息します。「渡瀬線」はトカラ構造海峡とも呼ばれ、諏訪之瀬島のひとつ南の悪石島と子宝島に間に引かれた動物の分布境界線です。これを南限とし北側にはニホンザル、ムササビ、ニホンカモシカ、ニホンマムシなどが、北限とし南側にはハブ、ルリカケス、アマミノクロウサギ、トゲネズミ、ケナガネズミなどが生息しているんですよ。

関連記事(オガサワラトカゲは太平洋諸島が起源)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


◎赤城自然園の芝生でつかまえたニホンカナヘビ[2008年9月6日撮影:第2回子ども自然体験プログラム@山崎]カナヘビ@エコカフェ.JPG

 2013.2.4追記






◎赤城自然園の林縁で見つけたカナヘビ[2011年9月11日撮影:赤城自然園@阿部]110911カナヘビ1@エコカフェ.JPG110911カナヘビ2@エコカフェ.JPG

 2013.2.6追記
タグ:日本固有種
posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/59953649
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ