キビナゴ(吉備女子、黍魚子)は南方系

ビーグル号の航海日誌 2012年11月07日 22:21

121106キビナゴ@エコカフェ.JPGキビナゴは今日では東京のデパート(デパ地下)やスーパーでも取り扱われているが、西日本を中心に食されていた繊細で体側に縞模様のある小さな魚です。昨夜の「有薫」の親爺さんの話では、鹿児島南部地方の方言で「帯」を「キビ」と呼ぶことから名前がつけられたようです。地方により「キッポ」、「カナギ」、「シュレン」、「ザコ」などの方言があって面白いですね。

キビナゴ(吉備女子、黍魚子、学名:Spratelloides gracilis (Temminck et Schlegel))はニシン目ニシン課キビナゴ属の南方系の小魚。分布はインド洋、西太平洋の熱帯・亜熱帯海域に広く、日本では西日本の暖流海域の水のきれいな沿岸域に生息。体長は約10p、体型は細長い円筒形で頭が小さく口先は尖ります。体側に銀色の太い縦帯、得中側に濃青色の細い縦帯が入ります。食性は動物性で動物プランクトンを捕食します。

キビナゴはDHAやEPAなどの不飽和脂肪酸が多く含むことから、鮮度を保つ輸送技術が確立され、健康志向の高まりから東京を中心に東日本でも広く食されるようになったようです。塩焼きにしたり刺身を生姜醤油で食べると美味しいですね。郷土料理としては酢味噌で生食する薩摩料理、甑島列島での「もろみ炊き」、五島列島での「炒り焼き」などが有名だそうです。


関連記事(モクズガニ(藻屑蟹)は郷土料理に)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


タグ:広域種
posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/59885786
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ