蒲郡の竹島に八百富神社

ビーグル号の航海日誌 2012年10月30日 08:43

121027八百富神社@エコカフェ.JPG121027竹島@エコカフェ.JPG豊橋の葦毛湿原の帰りに蒲郡の沖合400m、三河湾にある花崗岩でできた竹島を訪ねました。そこは典型的な海岸性の照葉樹林の森があって国の天然記念物に指定、八百富神社(やおとみじんじゃ)が鎮座しています。[2012年10月27日撮影:蒲郡竹島@阿部]
創建は1181年(養和元年)、三河国国司の藤原俊成が琵琶湖に浮かぶ竹生島神社(都久夫須麻神社:旧弁財天社)から勧招したそうです。祭神は市杵島姫命。竹島弁天と呼ばれ、古くから日本七弁天のひとつとされます。
121027八百富神社碑@エコカフェ.JPG境内には宇賀御魂命を祭神とする宇賀神社、大国主命を祭神とする大黒神社、藤原俊成を祭神とする千歳神社、龍神を祭神とする八大龍神社が祀られています。

徳川家康が関ヶ原の戦いへの出陣前に参拝したとも伝えられています。歴史を感じながら霊験な雰囲気の中で、海岸性の照葉樹林であるタブノキスダジイ、カゴノキ、ヤブツバキマサキなどの大木を観察するのもことができますよ。


関連記事(春日山は水神の聖域也)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ



posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/59652299
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ