ヤマラッキョウ(山辣韮)は食料にも

ビーグル号の航海日誌 2012年10月29日 22:40

121027ヤマラッキョウ花@エコカフェ (2).JPG葦毛湿原での湿生植物5番バッターはヤマラッキョウです。湿原の植物らしく花茎をすっーと直立させ、あちらこちらで先端に淡紫色の花を咲かせていました。花の色が白色のものをシロバナヤマラッキョウ(白花山辣韮)と呼び、ヤマラッキョウの品種として区別しますが、両社は湿原では混生していることが多いそうです。[2012年10月27日撮影:葦毛湿原@阿部]

ヤマラッキョウ(山辣韮、学名:Allium thunbergii G.Don)はクサスギカズラ目ヒガンバナ科ネギ属の湿性植物で多年草。分布は本州福島県以南、四国、九州、南西諸島、国外では朝鮮半島南部、中国、台湾に及び、山野の湿原、湿原周辺の草地、棚田、海岸など湿潤な場所に自生。121027ヤマラッキョウ@エコカフェ.JPG草丈は30cmから50cmほど、根出葉は葉身20cmから50cm、幅2mmから5mmほどの中空の三角柱状腺形です。
花期は10月下旬から11月下旬、初夏の頃に中空の花茎をまっすぐ伸ばし、頂端に紅紫色の球状の散形花序をつけ、たくさんの淡紅色から濃紫色の小花を咲かせます。小花は6枚の花被片(内外)が開出せず、雄蕊6本、雌蕊花柱3裂が飛び出すのが特徴です。花柱基部には3個の密腺があります。果実は卵状球形の刮ハで3室に分かれています。

名前の由来は鱗茎がラッキョウに似ていることにあり、皮を剥いて炒め物や煮物、天ぷらなどにして食することができるといいます。ヤマラッキョウは変異が多いだけでなく、染色体数の異なるタイプがあります。2倍体のものは湿原に、4倍体のものは葉が広線形で草原や海岸に、6倍体のものは花が大型で海岸の岩場に生育するといいます。


関連記事(不思議な森の贈り物、曼珠沙華)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ



posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/59642969
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ