スイランは湿原の名残花

ビーグル号の航海日誌 2012年10月29日 20:44

121027スイラン@エコカフェ.JPG葦毛湿原での湿生植物4番バッターはスイランです。花を見ると明らかにキク科のニガナ(ヤマニガナ)の特徴を有しているのですが、なぜか名前に「ラン(欄)」がついています。葉が細長くシュスランの葉に似ていること名付けられたようですが、どうもしっくり来ませんね。[2012年10月27日撮影:葦毛湿原@山崎]

スイラン(水欄、学名:Hololeion krameri (Fr. et Sav.) Kitam.)はキク科スイラン属の湿性植物で多年草。日本固有種。121027スイラン茎葉@エコカフェ.JPG分布は本州中部地方以西、四国、九州に及び、低地から山野の湿地、ため池縁などに自生。草丈は約50cmから80cmほど、白色の細長い地下茎が地中を走り、根出葉はやや厚め、葉身は15cmから40cmほどの線形で葉縁に疎らに不明瞭な鋸歯があります。茎葉も同様であるがまれ。葉の両面とも無毛です。地下茎(走出枝とも)が地中に伸びて無性生殖のひとつである栄養繁殖を行います
花期は10月上旬から11月下旬、花茎の頂端に径約3cmの頭状花をひとつ裂かせます。頭花は多数の舌状花からのみなり、先端が浅く歯牙状に5裂します。果実は長さ8mm前後の痩果で、淡褐色の冠毛は短めで飛翔距離は長くはないが風散布します。

スイランはムミカキグサの小さな花と共存して大き目の花を咲かせ、晩秋の枯れゆく湿地の秋に彩りを添えてくれます。この花が終わる頃、湿原は北風に枯れ草がカサカサと静かに音を立てるもの悲しい薄茶けた冬を静かに迎えます。


関連記事(侵入者、セイロンベンケイソウ)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ



posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/59641431
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ