ヤエガワカンバ(八重皮樺)は斧折れ

ビーグル号の航海日誌 2012年10月23日 12:00

120927ヤエガワカンバ@エコカフェ.JPG奥秩父山塊最北部の主峰で百名山のひとつである瑞牆山(標高2230m)の山稜では紅葉が始まっているそうです。瑞牆山荘(標高1520m)のある場所が登山道入口、この付近の森では樹肌が個性的なヤエガワカンバとウリハダカエデがみられます。シラカンバは病気か強風で倒木したのでしょうか、累々と横たわっていました。ここではヤエガワカンバを紹介します。材が非常に堅く別名にコオノオレと呼びます。[2012年9月27日撮影:瑞牆山荘付近の森@山崎]

ヤエガワカンバ(八重皮樺、学名:Betula davurica Pall.)はブナ目カバノキ科カバノキ属の落葉高木。日本固有種で環境省は準絶滅危惧(NT)に指定。分布は北海道、本州関東・中部地方に隔離し、国外では朝鮮半島、中国東北部、ロシア極東沿海州地方などに及び、冷温帯の日当たりの良い山地に自生。樹高は約20m、樹皮は帯灰褐色か灰色で縦裂で鱗片状に幾重にも剥離、小枝に灰褐色の腺点があり毛が密生します。葉は長枝には互生、短枝には1対つき、葉身3cmから7cmほどの卵形からひし状卵形で葉縁に不揃いの鋸歯、葉先は尖ります。葉裏の脈上に毛が生え、葉脈は6対から8対ほどが目立ちます。シラカンバの葉に似るが小さく硬いのが特徴です。
花期は4月から5月頃、雌雄同株、葉の展開に同時に本年長枝の先に長さ4cmから7cmの雄花序が2、3個垂れ下がり、短枝の先に長さ3mmから6mmほどの雌花序が直立します。果実は長径約2.5cmの卵状楕円形の堅果で秋に淡褐色に熟します。

カバノキ属には北半球の亜寒帯から温帯にかけて広く分布し、世界に約40種、うちオノオレカンバ、ウダイカンバ、ジゾウカンバ、チチブミネバリ、ミズメ(アズサ)、アポイカンバなど約10種が日本固有種として知られています。


関連記事(八ヶ岳高原のカンバたち)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ



posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(1) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
一緒に写っている白樺は倒れそうなのでしょうか。
厳しい環境なのでしょうね。
Posted by カンバ at 2012年10月25日 00:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/59454128
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ