木質バイオチップボイラーの導入で

ビーグル号の航海日誌 2012年10月22日 22:21

120729木質チップボイラー全景@エコカフェ.JPG南丹市美山町では木質バイオチップボイラーも導入したという。スイス製、メンテナンスに多少の心配が無いわけではないが、愛情を込めて丁寧に使うことにしているそうです。市内小学校などではペレットストーブが普及しているそうです。南丹市長の佐々木稔納さんの熱弁は続きます。[2012年7月29日撮影:奈良・京都視察@阿部]

「杉間伐材を利用してペレットを作り、環境に優しいペレットストーブの公共施設への導入を進めています。ボイラーは河鹿荘の暖房とお風呂沸かし、給湯に利用しています。120729木質チップボイラー建屋外観@エコカフェ.JPG120729チップサイロ@エコカフェ.JPG重油利用と異なり煙突から煙は出ません。カーボンニュートラルの木材利用は地球温暖化対策にもCO2増加を抑える取り組みを通じて地域資源の利用を進め地域振興をも目指します。とにかく自然との共生を実践していきたいと思います。お湯は温泉ではありませんので、松鉱石を利用してマイナスイオン効果と遠赤外線効果を創出します。また、湯にはバラ・薬草を浮かべたりして保湿効果や鎮静効果などを組み合わせています。」なんだか熱血営業マンに変身でした。エコカフェでも再訪したいと思います。

この地域に生まれ育った子どもたちは身近に芦生原生林があって清流由良川の源流域で幾筋もの支流が走って、貴重な動植物も観察することができます。そこで生活をするお父さんもお母さんもこの地が大好きで、そんな自然を大切に守っている。南丹市長の佐々木さんさんや議長の田村さんも一所懸命に地域の人びとの暮らしや子どもたちの未来のことを考えていらっしゃる。これからが楽しみです


関連記事(芦生の森の動物たちA)⇒      関連記事(芦生の森の動物たち@)⇒

人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ



posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/59444362
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ