小笠原エコツアーWS打合せ(結果)

船長からのお知らせ 2012年10月22日 00:13

120102三日月山から眼下を@エコカフェ.JPG15日に小笠原エコツアーws打合せを個別に開催しました。
世界自然遺産登録後、観光客も増加し、小笠原は活気づいているようです。[2012年1月2日撮影:三日月山から眼下を@山崎]
ガイドさんも増えたし、受入体制も増強されているそうです。
ただ大型客船の入港数は限界に近いようにも思えました。
打合せの結果、ナショナルランドさんの「第36回お正月の旅 小笠原」の船内イベントについてはエコカフェとしてのイベントは見送ることにしました。
エコカフェのこれまでの小笠原エコツアーや調査実績を体系的に整理することも決めました。
松崎さんから来年6月に向けた企画づくりの話もあり、エコカフェの小笠原での活動はそこに照準を合わせることになりました。
エコカフェの運営方針、体制のあり方や小笠原における生物多様性のリサーチセンターの必要性、子どもたちの学びとどう連携させるかなどについても意見交換がなされました。
今川さんからも貴重な意見をいただきました。

エコカフェとしてはこれからも進化し続ける小笠原の生態系と私たちの関わりをしっかり探求していきたいと思います。


関連記事(往路「きそ」船内での講演(速報))⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ



posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/59421498
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ