ヒロハカツラ(広葉桂)は珍しい

ビーグル号の航海日誌 2012年10月21日 22:49

120922ヒロハカツラ@エコカフェ(小石川植物園).JPG120922ヒロハカツラ樹皮@エコカフェ.JPG小石川植物園では樹木の一部にネームプレートが付いているので植物を身近で観察するフィールドとしては最適だと思います。エコカフェ草花教室ではこれまでに小山博滋先生の御指導を何度かいただいております。さて、園内では標高1000m以上でないと見られない珍しいヒロハカツラの大木を観察することができます。[2012年9月22日撮影:小石川植物園@阿部]

ヒロハカツラ(広葉桂、学名:Cercidiphyllum magnificum (Nakai) Nakai)はユキノシタ目カツラ科カツラ属の落葉高木。日本固有種でカツラとは近縁種。分布は本州の中部地方以北に限り、比較的標高の高い亜高山帯などの渓流沿いなど湿潤な場所に自生。樹高は15mから20mほど、よく株立ちし、樹皮は若木で平滑、大木で縦裂、葉は長枝では互生、短枝では先端に1葉がつき、葉身8pから12pの幅広の円形で基部が深いハート形、葉縁に鋭鋸歯がつきます。もちろん秋には黄葉します。
花期は5月から6月頃、雌雄異株、葉が出る前に葉腋に、雄株には小さな雄蕊だけの雄花、雌株には小さな雌蕊だけの雌花を咲かせます。花には萼片の花弁はありません。果実は円柱状の袋果で熟すと中から両端に翼のある種子を飛ばします。

ヒロハカツラ(広葉桂)とカツラ(桂)は2種で1属1科を構成し、雌雄異株で花の特徴として萼片も花弁もないことから比較的原始的な特徴をもっていると考えられています。このように花に原始的な形質を残しているものにクスノキハスノハギリモクレンオオヤマレンゲホオノキなどが知られています。イチョウなどは古代植物といわれているんですよ。奥が深いですね。


関連記事(カツラ(桂)の黄葉を)⇒     関連記事(ヤツデの放房花序を)⇒

人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ



タグ:日本固有種
posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/59420478
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ