アラカシ(粗樫)のドングリ

ビーグル号の航海日誌 2012年10月20日 23:54

121013アラカシ堅果@エコカフェ.JPG神代植物園で普通に見られる樹木にアラカシがあります。アラカシは照葉樹林の主要な構成種のひとつです。別名にクロガシ(黒樫)、東アジアの暖温帯を代表するカシ類のひとつという見方もあります。[2012年10月13日撮影:神代植物園@阿部]

アラカシ(粗樫、学名:Quercus glauca Thunb.)はブナ科コナラ属の常緑高木。分布は本州宮城県・石川県以南、四国、九州、南西諸島、国外では済州島、中国、ヒマラヤ、台湾に広く、丘陵地に自生するほかコナラ、ツブラジイ(コジイ)などと人里の雑木林や里山の二次林を形成。121013アラカシ@エコカフェ.JPG121013アラカシ葉@エコカフェ.JPG樹高は約20m、樹皮は暗緑灰色で平滑、葉は互生し有柄、葉身5pから13cmほどの長楕円形から倒卵状長楕円形、葉上部に粗鋸歯、葉先は尖ります。葉表は深緑色で光沢(クチクラ層が発達)があり、葉裏は灰白色をしています。一説にシラカシと似ていますが枝振りや葉のつき方が粗っぽいことが名前の由来とするそうです。
花期は4月から5月頃、雌雄異花、雄花は新枝基部から5pから10pほどの尾状花序を数個下垂し、褐色の苞を被った黄褐色の小花をたくさん咲かせます。雌花は新枝の葉腋から花序を直立し同色の小花を数個咲かせます。果実は長径1.5pから2pほどの卵形の堅果で殻斗には6本から8本ほどの環が入るのが特徴です。

古来より人びとは材が堅いことから鎌や鍬などの柄、薪炭などに利用し、今日でも西日本では防風林や防火林として屋敷林としている地域もあります。

関連記事(シラカシ(白樫)は照葉樹林の北限で)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


◎都心の公園に植栽されたドングリをつけたアラカシ[2011年11月5日撮影:渋谷区内@山崎]111105アラカシ@エコカフェ(渋谷区).JPG

 2012.11.20追記






◎しろがねの森でよく見かける陽光を浴びるアラカシの葉[2013年5月5日撮影:国立科学博物館附属自然教育園@山崎]130505アラカシ@エコカフェ.JPG

 2013.5.6追記






◎愛媛県城山公園の御濠に面した土塁に植栽されているアラカシ[2013年10月19日撮影:松山城@青山]131019アラカシ@エコカフェ.JPG131019アラカシ葉@エコカフェ.JPG

 2013.10.27追記






◎山梨大月の岩殿山(標高634m)から稚児落としへの尾根筋で見られるアラカシ[2013年12月7日撮影:第18回自然観察会@阿部]131207アラカシ@エコカフェ.JPG131207アラカシ樹皮@エコカフェ.JPG

 2013.12.8追記
posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/59390584
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ