翻弄される一般旅行者は

ビーグル号の航海日誌 2012年10月19日 00:14

101231旅立ち@エコカフェ.JPG自然のなせる技とはいえ納得がいくか行かないかは人間界のちょっとした気遣いにあるようです。[2010年1231日撮影:「お正月の旅小笠原」船内プログラム@阿部]
おが丸の運航予定が出航後に再度変わったらしいのです。
一般のお客様には全く理解の行かない次のような小笠原海運のアナウンスが同社HPに掲載されました。乗船を断念したお客様には納得のいかない情報提供に過ぎませんね。

10月21日 父島→東京 おがさわら丸は、台風21号の影響により、下記のとおり変更させて頂きます。

■変更後

10/21 父島発14:00→10/22東京着15:30

*海上状況によっては時間が変更になる場合がございます。
ご利用のお客様には、ご迷惑をお掛けして申し訳ございません。
また度重なる変更、誠に申し訳ございません。

競争がない市場でもよい、自然に左右される市場でもよい、せめて丁寧な説明(アナウンス)が必要ではないか。自然の気まぐれをよく理解しているエコカフェ会員の人たちもサービスを提供する側の姿勢、思いやりが少し気になってしまいます。


関連記事(南硫黄島の島影の奥に)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ



posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/59348974
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ