絶海の大洋島で小さな命に出逢った

ビーグル号の航海日誌 2012年10月14日 11:18

100918押し寄せる波@エコカフェ(母島).JPG小笠原諸島母島は東京から南方1000km太平洋上にあるボニンブルーに囲まれた絶海の島嶼です。世界自然遺産に登録されてからは訪れる観光客も増えたらしいが、それ以前はハイシーズンであっても都会の喧騒とは隔絶した世界が広がっていたというのに。
一昨年秋に母島、父島を訪問したが父島は混雑し、母島も少なからず観光客が増えているようだった。学生風の若者に加えてご年配の集団も押し寄せている感じだった。

100918オカヤドカリ幼体@エコカフェ(母島).JPG120918見つめる私@エコカフェ(母島).JPG今年度、エコカフェとしての恒例の小笠原エコツアーは実施を見送ったが、有志でこの17日から父島を訪ねることにしました。[2011年9月18日撮影:祝世界自然遺産登録・エコカフェ小笠原諸島ツアー@芳賀めぐみ]

一昨年の母島で御幸之浜へ地質観察のために立ち寄った時のことです。
この日は遠くフィリピン沖で発達する台風の影響で波が高く海岸線は少しばかり危険な感もありました。
足元の珊瑚礁起源の石灰岩礁の上に小さな、ごく小さな動く生き物を発見しました。
5oほどのオカヤドカリの赤ちゃん(幼体)です。
しばらくその存在に私の目は釘付けになりました。
こいつ、ちゃんと大きくなれよ、と心に。
大海原の中で私もちいさい。
大きな理想と山ほどのやるべきことがある....。


関連記事(オカヤドカリに少年の心)⇒     関連記事(アルバトロスの軌跡)⇒

人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ



タグ:小笠原 母島
posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/59203141
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ