コガネキヌカラカサタケ (黄金絹唐傘茸)は熱帯系

ビーグル号の航海日誌 2012年10月08日 21:57

110918コガネキヌカラカサタケ@エコカフェ(母島).JPG昨年9月に母島を訪ねた時に南崎の草地で黄色いキノコを発見しました。その時は「綺麗だね。何というんだろう。」と言葉を発しただけで、直ぐに記憶の彼方に葬ってしまいました。報告書を作成するための資料整理で思い出すことになり、調べてみると熱帯地域ではごくありふれたキノコのようです。小笠原でも珍しくはないそうです。やはりと。[2011年9月18日撮影:祝世界自然遺産登録・エコカフェ小笠原諸島ツアー@芳賀めぐみ]

コガネキヌカラカサタケ(黄金絹唐傘茸、学名:Leucocoprinius birnbaumii (Corda) Singer)はハラタケ課キヌカラカサタケ属の熱帯系のキノコ。分布は熱帯地域に広く、日本では小笠原諸島や南西諸島。本土では台風で運ばれた胞子がもとで発生することがあるが定着はしない。子実体は高さは約10p、傘は径約5pの円錐形に開き、柄につばがあり、全体は鮮黄色で華奢な感じがします。表面全体が絹くず状の鱗片に覆われます。土壌中の腐植を分解して栄養にしています

ありふれたキノコといっても昨年の訪問で初めて気づいたことになる。しかも初めて参加した芳賀さんが第一発見者でした。気づきは偶然かもしれませんが、日頃からのトレーニングによるものでもありましょう。何事にも興味関心をもって接することが大切です

関連記事(ホコリタケ(埃茸)は小さな爆弾に)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ



タグ:広域種
posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/58976484
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ