メグスリノキ(目薬木)で千里眼を

ビーグル号の航海日誌 2012年10月07日 22:23

120929メグスリノキ@エコカフェ(赤城自然園).JPG赤城自然園「しばふ広場」手前のカツラの三本立ちの高木の近くにメグスリノキがあります。名前からも分かるように戦国時代頃より樹皮や小枝を煎じた汁を飲むと遠方まではっきり見えるようになるとして使用されてきたそうです。メギやカンボクも目薬として知られています。今日でも山間の集落を訪ねると小枝などを袋に入れたものがお土産用に販売したりしていますよ。[2012年9月29日撮影:子ども自然体験プログラム2012@山崎]

メグスリノキ(目薬木、学名:Acer maximowiczianum Miq.)はムクロジ目カエデ科カエデ属のやや陽性の落葉高木。分布は本州山形・宮城県以南、四国、九州(宮崎・鹿児島県を除く)に限り、冷温帯の山地の谷間や中腹の緩傾斜地などの適潤な場所に自生。120929メグスリノキ樹皮@エコカフェ.JPG120929メグスリノキ葉@エコカフェ.JPG日本固有種。樹高は約20mで、樹皮は灰褐色か褐色、葉は3出複葉で小葉は葉身5pから12pほどの楕円形で葉縁に波状鋸歯があり、葉先は尖ります。本年枝と葉両面に灰褐色の細毛が密生します。葉は秋にカエデの仲間らしく紅葉します。
花期は5月から6月頃、雌雄異株、新葉の開出と同時に散形花序に複数の長い花柄をもった小さな5弁花を垂れ下げ咲かせます。雄花、雌花とも淡黄色ですが、雄花は雌蕊が退化し、雌花では雄蕊が退化しています。果実は翼果で秋には熟し風散布します。


メグスルノキの有効成分はエピ・ロードデンドリンのほかβシトステロール、トリテルペノイドなど多数種を含むことが知られています。自然の恵みそのものですね。エコカフェでは企業環境研修プログラムの実証の中で、古来より私たちの祖先が自然から生活の知恵として習得してきたものを学ぶ機会を提供してきています。牛歩の歩みですが息の長い基本的な活動のひとつになるでしょう


関連報告(「森の教室」報告書)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ



タグ:日本固有種
posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(1) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
メグスルノキは福島県の山地などでは比較的多く自生するが西日本では少ないそうですよ。
Posted by 千里眼の木 at 2012年10月07日 22:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/58946793
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ