コモチシダ(子持ち羊歯)

ビーグル号の航海日誌 2012年10月02日 22:04

120922コモチシダ@エコカフェ(小石川植物園).JPG小石川植物園の片隅にシダ植物のコレクションがあります。地面より一段低くし湿気が溜まり易いように工夫がしてあります。ここではコモチシダを紹介します。[2012年9月22日撮影:小石川植物園@山崎]

コモチシダ(子持ち羊歯、学名:Woodwardia orientalis Sw.)はウラボシ目シシガシラ科コモチシダ属の大型の常緑性シダ植物。分布は本州東北地方南部以南、四国、九州、南西諸島、小笠原諸島、国外ではヒマラヤから中国、台湾、フィリピンに及び、湿った崖地や崩壊地などに自生。草丈は50cmから200cmほど根茎は短く塊状、葉柄基部の凛片は淡褐色で披針形、葉は黄緑色で厚い革質、葉身は1回羽状複葉で羽片は深裂(2回羽状深裂とも)し、各裂片は披針形で先が尖り細鋸歯がつきます。ソーラス(胞子嚢群)は長さ2oから5oほどの細長い形で、硬い苞膜に包まれ、裂片裏の主脈沿いやや開いてつくという。裂片表の葉脈は網状で脈状にソーラスの間や端に相当する部位に多数のムカゴ(無性芽)を形成し、やがて小さな葉が生じ、落下して散布されます。こうして子孫を確実に残す戦略をとっているのです。

無性芽で増殖するシダ植物には、裂片表に無性芽をつけるタイプで近縁種のハチジョウカグマのほか、中軸の先が伸びて先端に無性芽をつけるタイプのクモノスシダやツルデンダ、オリヅルシダなどが知られています。植物にとって無性芽で増殖する戦略は植生地に余裕がある限りにおいては確実に子孫を増やすことができるのです。


関連記事(ゼンマイ(薇)は山菜の代表)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


◎つくば植物園で展示栽培されているコモチシダ[2012年5月4日撮影:第46回草花教室@山崎]120504コモチシダ@エコカフェ.JPG

 2013.3.3追記
posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/58692679
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ