タチテンノウメ(立ち天の梅)の不思議

⇒エコツアー 2012年09月20日 23:55

100507タチテンノウメ@傘山入口車道反対側.JPG小笠原諸島、この夏は台風の直撃はなく大した影響もなかったようです。エコカフェでは小笠原諸島の独自の進化過程にある生態系に触れ、生き物たちの神秘を学び、新たな気づきを日常生活や人生に役立てようとエコツアーを実施しています。小笠原諸島の乾燥した傘山稜線の岩礫地では小笠原固有種のタチテンオウメとシラゲテンノウメが見られます。ここではタチテンノウメを紹介しましょう。[2010年5月7日撮影:小笠原エコツアー「ケータ島沖(聟島列島)と小笠原固有植物の森をめぐる旅」@山崎]

100507タチテンノウメ(花)@笠山山頂.JPGタチテンノウメ(立ち天の梅、学名:Osteomeles boninensis Nakai)はバラ科テンノウメ属の常緑小低木。分布は小笠原諸島の聟島、父島、兄島、弟島、母島、妹島、姪島に限り、乾燥した岩場に自生。樹高は約0.5mから1.5m、幹は斜上し株立ちします。風衝帯では矮低化。葉は奇数羽状複葉、小葉は光沢があり線状楕円形で先がと尖ります。小葉は13対か14対ほどつきサンショウの葉に似ていて、葉縁や主脈上に綿毛を残します
花期は3月から4月頃で、枝先の葉腋から散房花序をだし梅の花に似た白色の小さな花を咲かせます。花は径約12mm、花弁5枚、雄蕊多数。果実は径約10mmの球形で秋に熟すと黒紫色になります。

分布が一部の島に限られているが、かつて小笠原諸島は一つの大きな島嶼であったと考えられており、そのころに移入した海浜植物であったテンノウメが独自に進化し、山の上まで生息域を広げていった。その後、海面上昇や島の沈降があって地形的には現在のような多くの島嶼からなる小笠原諸島となり、また、他の競合する植物の進入などで生息域を乾燥した尾根筋に追いやられてしまったのではないでしょうか。


関連記事(イオウノボタン(硫黄野牡丹)は夢)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ



◎小笠原父島の旭山尾根筋の乾性矮低木林で見た果実をつけるタチテンノウメ[2010年5月8日撮影:小笠原エコツアー「ケータ島沖(聟島列島)と小笠原固有植物の森をめぐる旅」@山崎]100508タチテンノウメ果実@エコカフェ.JPG

 本来は海浜植物であるが小笠原では山頂や尾根筋に生育しているのが面白いですね。テリハハマボウタコノキも海岸性であるが山頂域まで分布を広げていましたね。

 2013.1.6追記


◎小笠原諸島父島の三日月山でみた果実をつけるタチテンノウメ[2007年7月15日撮影:森も海も不思議いっぱい!小笠原エコツアー 〜海洋島の生態系の神秘を知る〜@山崎]070715タチテンノウメ@エコカフェ.JPG

 2013.8.4追記






◎小笠原諸島父島の長崎展望台でみた花をつけるタチテンノウメ[2014年4月28日撮影:未開の森と南島をめぐる父島満喫の旅@阿部]
140429タチテンノウメ@エコカフェ.JPG140429タチテンノウメ花@エコカフェ.JPG
 2014.8.8追記
posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/58400656
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ