サワギク(沢菊)の美しさに

ビーグル号の航海日誌 2012年09月18日 03:18

120708サワギク@エコカフェ(奥鬼怒).JPG奥鬼怒温泉郷の日光沢温泉宿の近くを通りかかった時に雨に濡れたサワギクの花が目に飛び込んできました。たった一輪ですが美しさを誇示しているようでした。[2012年7月8日撮影:鬼怒沼湿原調査@山崎]

サワギク(沢菊、学名:Nemosenecio nikoensis (Miq.) B.Nord.)はキク科サワギク属の多年草。分布は北海道、本州、四国、九州に及び、山地の沢沿いや湖沼沿いの林床など湿った場所に自生。草丈は60cmから90cmほどで、茎は白毛に覆われ直立し、茎葉はまばらに互生し、薄く、羽状に全裂し裂片は3対から5対ほど。根出葉は花期には消えるが白毛に覆われるという。花期は6月から8月頃で、茎上部で分枝し黄色い頭花を幾つか咲かせます。頭花は径約12oで中心に筒状花を密生し周囲に舌状花を7枚から13枚ほどつけます。総苞は長さ約5oの長披針形で1列です。果実は長さ約1.5oの痩果で白い冠毛がつきます。

この冠毛がつく様子をぼろ屑のようだとして、別名にボロギク(襤褸菊)というそうです。葉を大きく垂らし黄色い花を咲かせている姿を見ているととても冠毛のついたぼろぼろの姿を想像できませんね。


関連記事(コウゾウリナ(浜髪剃菜)は広域種)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ



タグ:日本固有種
posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/58327613
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ