ウラジロモミ(裏白樅)は寒冷を好む

ビーグル号の航海日誌 2012年09月17日 23:25

120708ウラジロモミ@エコカフェ(奥鬼怒).JPG台風16号の影響で通過後も太平洋上から湿った大気が入り込んでいるため関東周辺でも時折強い雨が降っています。この夏の活動は雨に祟られたのを思い出します。鬼怒沼湿原視察もそうでした。
鬼怒沼湿原のある奥鬼怒地域の帝釈山地一帯(標高2000m級)は栃木県内で最も降雪の多い所とされます。多くの高山植物が見られます。一帯の森はシラビソオオシラビソの鬱蒼とした原生林と林下にはチシマザサのブッシュが広がっているのが特徴です。標高の少し低い所ではコメツガ、ウラジロモミとその林下にアズマシャクナゲが見られます。[2012年7月8日撮影:鬼怒沼湿原調査@山崎]

120708ウラジロモミ樹皮@エコカフェ(奥鬼怒).JPGウラジロモミ(裏白樅、学名:Abies homolepis Sieb. & Zucc.)はマツ科モミ属の常緑針葉樹で高木。日本固有種で軽度懸念(LC)。分布は本州福島県から和歌山県と四国に及び、温帯上部から亜高山帯に自生。温帯上部では落葉広葉樹林と混生、亜高山帯で葉針葉樹林を形成。一般にモミより高い場所に多く出現樹高は約40m、樹幹は直立、樹皮は灰褐色で鱗片状に剥離、枝を水平に張り、円錐形の樹冠を形成。葉は枝にらせん状に密生し、無柄、葉身15oから25mmほどの線形で葉先が浅く2裂します。葉裏には軸の両側に1本ずつ白色の気孔帯が目立ちます。果実はモミより小さく、長径約6pから13cmの円柱形の球果で熟すと黄褐色になり鱗片はばらけて風散布します。

モミとの違いは葉裏が白いかどうかで判別できます。他にもウラジロモミについて、冬芽は脂(ヤニ)に包まれること、若枝は無毛なことなどの特徴があげられるようです。


関連記事(モミ(樅)は受難の中に)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


◎燧ヶ岳(標高2356m)の北斜面に伸びる燧裏林道脇でみられたウラジロモミノキ[2013年9月8日撮影:桧枝岐歌舞伎視察@山崎]
130908姫田代北西側@エコカフェ.JPG130908ウラジロモミ葉裏@エコカフェ.JPG
 2014.10.17追記

posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(1) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
奥日光、奥鬼怒の森ではウラジロモミはシカの食害にあっているそうですね。
かつて行った大台ケ原やよく出掛ける芦生原生林などでもシカの食害は深刻のようです。
今年はクマの人里への出現頻度も多いようですが人と野生動物の共生の在り方を本気で考えないとだめですね。
エコカフェでも検討されるとよいのではないでしょうか。まずは対策の実態を調べることから始めてはどうでしょう。
知見の蓄積と有識者のネットワークを活かされるとよいのではないでしょうか。
Posted by 孤高のマタギ at 2012年09月18日 00:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/58323328
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ