ヤマニガナ(山苦菜)

⇒エコツアー 2012年09月16日 23:12

120804ヤマニガナ花@エコカフェ(大佐渡石名).JPG周回遅れ記事。佐渡島2日目、大佐渡石名天然杉遊歩道入口から下の駐車場までは砂利道が500mほど続きます。夏の日差しが厳しかったのを覚えています。砂利道脇の茂みにほんの数株ですが黄色い花をつけていました。翼のある葉柄の基部が茎を抱いていないことから、ミヤマアキノノゲシ(深山秋の野芥子)ではなくヤマニガナでしょう。[2012年8月4日撮影:佐渡島エコツアー@山崎]

ヤマニガナ(山苦菜、学名:Lactuca raddeana Maxim. var. elata (Hemsl.) Kitam.)はキク科アキノノゲシ属の二年草。分布は北海道、本州、四国、九州、国外では樺太、中国、ベトナムに及び、山地の林縁や草原に自生。砂利道@エコカフェ(大佐渡石名).JPG120804ヤマニガナ@エコカフェ(大佐渡石名).JPG草丈は60pから200cmほどで茎は直立し白軟毛が散生するか、無毛。根生葉は花期にも残り羽状深裂し側羽片が1対か2対つき、頂羽片は基部が切形で三角形。茎葉は互生し上部ほど小さく、茎の中部では基部が切形で三角形、上部では菱形から披針形。何れも葉縁には粗鋸歯か欠刻があり、翼のある葉柄があるが、葉柄は基部で茎を抱かないのが特徴。 葉表は濃緑色で葉脈が目立ち、葉裏は淡緑色で白毛が生えます。
花期は8月から9月頃で、茎上部に集散花序を伸ばし、径約1pの頭花をまばらに咲かせます。上部葉腋からも小さな花序を出します。頭花は9枚ほどの黄色い舌状花をつけます。総苞は長さ約1pの筒状で下部が膨らむという。果実は長さ約5mmの扁平楕円形の痩果で白色の冠毛がつきます。

名前に「ニガナ」とつくものにはニガナ属だけではなく、フクオウ属のオオニガナ、アキノノゲシ属のヤマニガナがあります。花が似ているために属レベルが異なるにも関わらず名前の一部に「ニガナ」をつけてしまったのでしょう。ヤマニガナに限って言えば、近縁種に葉が茎を抱くアキノノゲシとミヤマアキノノゲシがあります


関連記事(ツルワダン(蔓海菜))⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ



タグ:広域種
posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/58301382
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ