シロヨメナ(白嫁菜)

⇒自然観察会 2012年09月16日 00:51

080927シロヨメナ@エコカフェ第2回自然観察会(三頭山) 022.jpgこれからの季節は低山でのトレッキングも楽しいですよ。奥多摩の三頭山(標高1531m)では秋に咲く草花を観察することができます。ここではシロヨメナを紹介します。ハナアブの仲間が吸蜜に訪れます。[2008年9月27日撮影:第2回自然観察会@阿部]

シロヨメナ(白嫁菜、学名:Aster ageratoides Turcz. subsp. leiophyllus (Franch. et Savat.) Kitam.)はキク科シオン属の多年草。分布は本州、四国、九州と台湾に及び、山地の林縁や山道などに自生。草丈は30pから100pほど、葉は互生し基部で茎を抱かない。葉身は約10pの長楕円状披針形、葉縁に粗い鋸歯があり、葉先は尖ります。葉表と葉裏、花茎に短毛が疎らに生え、葉脈は3脈で目立つという。
花期は9月から10月頃で、花聞きの先に散房状に花序をだし、多数の頭花を咲かせます。頭花は小さく径1.5pから2pほどで中心に黄色い筒状花が密集し外側に白色の舌状花がつきます。果実は痩果で長さ3mmから5oほどの冠毛がつき、風にのって散布されます。

シロヨメナには神奈川に分布する葉が細いサガミギク(相模菊)など幾つかの変種も知られています。また、地理的に染色体が二倍体、三倍体、四倍体、六倍体などの違いがあることも知られるようになっています。しかし、この仲間は多く単独で特定するのは難しいですね。


関連記事(ノコンギク(野紺菊))⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ




タグ:広域種
posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/58278805
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ