テツギョは突然変異

ビーグル号の航海日誌 2012年09月15日 11:28

テツギョ@エコカフェ.JPG東北新幹線古川駅構内に水槽が二つあります。シナイモツゴとテツギョがそれぞれ飼育されています。ここでは宮城県魚取沼一帯にしか生息していない珍しいテツギョを紹介しましょう。[2012年3月11日撮影:古川駅構内@山崎]

テツギョ(鉄魚、学名:Carassius auratus)はコイ目コイ科の淡水魚。1922年発見、国指定天然記念物、キンブナの突然変異種と考えられています。分布は宮城県加美郡と山形県境奥羽山脈中腹標高約620mの魚取沼一帯(3.3ha)のみ。生息地は国の天然記念物に指定。テツギョ2@エコカフェ.JPG体長は15pほどで、形態的にはフナに似ていますが、体色は鉄錆色、赤橙色など変異があり、各ひれが長く、特に尾びれが長いのが特徴です。河川改修などで数が減って珍しくなっているそうです。宮城県では絶滅危惧T類に指定しています。

古川駅に乗降する際にはぜひ見てくださいね。テツギョと全く同じ形態のものは、流金とフナの一代交雑種でも生まれるそうです。しかし、二代雑種をつくると三つ尾、四つ尾の個体が出現することから区別ができるそうです。何ともですね。


関連記事(第2絶滅危惧種保護センター、シャムタイガー)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ



posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/58265151
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ