イオウノボタン(硫黄野牡丹)は夢

ビーグル号の航海日誌 2012年08月26日 20:46

120624イオウノボタン@エコカフェ.JPGこの夏、麻布十番祭りで小笠原特産品も出展し、松崎さんも大活躍のようです。小笠原を思い出しながら、許可なく上陸はできない北硫黄島のみに自生しているイオウノボタンを紹介します。小石川植物園で保護増殖しているものを撮影したものです。[2012年6月24日撮影:小石川植物園@山崎]

イオウノボタン(硫黄野牡丹、学名:Melastoma candidum D. Don var. alessandrensis S. Kobayashi)はフトモモ目ノボタン科ノボタン属の常緑低木。ノボタンの変種で北硫黄島固有種。絶滅危惧U類(VU)。120624イオウノボタン花@エコカフェ.JPG120624イオウノボタン葉@エコカフェ.JPG分布は北硫黄島、火山島の中腹(標高400m)以上の雲霧帯にあたる斜面地に群生。樹高は1mから2mほどで、葉は互生し、葉身は3pから5pほどの楕円形、全縁で先が尖ります。葉は厚く、葉表に白い毛が密生し、葉基部から葉先に向かって葉脈が5本が走ります。花期は6月から8月頃で、枝先の葉腋に桃紫色の5弁花を咲かせます。

小笠原諸島では北硫黄島のイオウノボタンのほかに、父島のムニンノボタン、母島のハハジマノボタン、南硫黄島のノボタンが知られています。ノボタンも環境適応しながら分化・進化しつつあるようです。


関連記事(ハハジマノボタンの思い出)⇒
人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


◎小石川植物園の温室で保護展示されているイオウノボタン[2012年5月4日撮影:小石川植物園@山崎]
120504イオウノボタン新芽@エコカフェ.JPG120504イオウノボタン葉裏@エコカフェ.JPG 
 葉裏と新芽の写真です。

 2013.11.28追記
posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/57800926
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ