スダジイは照葉樹林の代表樹

⇒森林づくり+α 2012年08月26日 01:22

スダジイ巨木B@エコカフェ.JPG三宅島は度重なる雄山噴火で島の至る所で森が何度も更新を余儀なくされています。もちろん火山噴火や火山性ガスの噴気による被災をうまく免れた森も残っています。エコカフェの三宅島をフィールドとした「エコカフェみんなの森づくり」は溶岩原から植生回復する自然の力に少しだけ継続的にお手伝いしようというものです。逞しい植生遷移の様子を年月を追って体感していこうというものです。難を逃れた森では照葉樹林の代表樹のひとつ、スダジイの巨木が尾根筋を中心に残っていて観察することができます。[2011年11月26日撮影:第3回エコカフェみんなの森づくり@山崎]

スダジイ巨木@@エコカフェ.JPGスダジイ巨木D@エコカフェ.JPGスダジイ(学名:Castanopsis sieboldii (Makino) Hatus. ex T.Yamaz. et Mashiba)はブナ科シイ属の常緑高木。分布は本州(福島県以南、新潟県以西)、四国、九州、南西諸島と朝鮮半島済州島に及び、海岸沿いの山地などに多く自生。北限は佐渡島、南限が波照間島という。樹高は約25m、樹皮は黒褐色で縦割れに深い筋が入り、よく分枝します。葉は互生し厚くクチクラ層が発達、葉身は5pから10pほどの広楕円形、葉縁上半分に鋸歯がついたりし、葉先は尖ります。葉裏は白色から赤銅色。樹冠はこんもりとドーム型になります
花期は5月から6月頃で、雌雄異花、本年枝下部の葉腋から雄花序をだし、淡黄色の小さな雄花を密に咲かせ、先端部の葉腋から上向きに長さ約8pの雌花序をだし雌花をたくさん咲かせます。雄花序は芳香が強く虫を誘引することから、風媒花から虫媒花に進化したと考えられています。果実は翌年の秋に長径1pから1.5pほどの円錐状卵形の堅果が熟します。灰汁がなく生で食べられます。

奄美諸島以南に分布するスダジイを亜種オキナワスダジイと区別する考えがある。これはオキナワスダジイの堅果の殻斗の先端が完全に合着する点が異なるためだそうです。


関連記事(タブノキ(椨)は照葉樹林の代表樹)⇒     関連記事(神が宿る神木、迷子椎)⇒

人気ブログランキングへにほんブログ村 環境ブログへ


◎明治神宮の境内で見た大きなスダジイと果実[2012年11月11日撮影:明治神宮@山崎]121111スダジイ果実@エコカフェ.JPG121111スダジイ樹形@エコカフェ.JPG








121111スダジイ枝張り@エコカフェ.JPG121111スダジイ葉@エコカフェ.JPG

 2012.11.11追記





◎埼玉県熊谷市(旧妻沼町)にある妻沼聖天様境内のスダジイ[2013年1月13日撮影:歓喜院@山崎]130113スダジイ@エコカフェ.JPG130113スダジイ樹肌@エコカフェ.JPG

 2013.1.26追記






◎江ノ島の照葉樹林を構成するスダジイ[2012年11月17日撮影:第14回自然観察会in江ノ島@山崎]121117スダジイ樹幹@エコカフェ.JPG121117スダジイ@エコカフェ.JPG

 分布は本州福島県以南・新潟県以西、四国、九州、南西諸島与那国島までと韓国済州島に及び、特に、奄美群島以南のものを亜種オキナワジイと分類することもある。

 2013.2.23追記

◎御蔵島の照葉樹林の森を構成するスダジイの巨木[2007年8月17日撮影:御蔵島@入間川和美]070817スダジイ@エコカフェ.JPG070817スダジイ@エコカフェ (2).JPG

 この森はオオミズナギドリの繁殖地になっています。

 2013.4.22追記



◎しろがねの森でひときわ大きなスダジイ[2013年5月5日撮影:国立科学博物館附属自然教育園@山崎]130505スダジイ@エコカフェ (2).JPG130505スダジイ@エコカフェ.JPG

 園内には何本かの巨木がありますが樹勢には力強さがないように思えます。

 2013.5.5追記

◎中央区にある浜離宮恩賜庭園で見たスダジイの巨木と雄花と雌花[2013年5月12日撮影:浜離宮庭園@阿部]130512スダジイ雌花序@エコカフェ.jpg130512スダジイ雄花序@エコカフェ.jpg

 右:雌花序
 左:雄花序




130512スダジイ大木@エコカフェ.jpg130512スダジイ葉裏@エコカフェ.jpg

 左:葉裏は見事な赤銅色

 2013.5.17追記



◎奄美大島金作原の亜熱帯照葉樹林の深い森で見たぐんと伸びるスダジイ[2013年4月12日撮影:奄美大島自然体験ツアー@阿部]130411スダジイ樹幹@エコカフェ奄美大島エコツアー_283s.jpg130411スダジイ@エコカフェ奄美大島エコツアー_282s.jpg

 2013.8.15追記





◎対馬厳原町地区の豆酘龍良山林木遺伝資源保存林内でみたスダジイ[2014年11月8日撮影:対馬エコツアー@阿部]
141108スダジイ@エコカフェ.JPG141108スダジイ樹幹@エコカフェ.JPG
 樹幹にはマメヅタがまとわりついています。

 2014.11.23追記



141108スダジイ巨木@エコカフェ.JPG141108スダジイ@エコカフェ (2).JPG





posted by エコ・カフェ事務局 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※エコ・カフェ事務局が承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/57786859
※エコ・カフェ事務局が承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

▲このページのトップへ